脱毛 

注意しなければならないのは“強引な勧誘,悪質な勧誘”です

こんな声を聞いたこともあります..

『アンケート用氏の“興味がある”にチェックをつけたら、そのコースを凄い勢いで勧められて“いや?高いし?”って濁してたらあっという間に3人のスタッフに囲まれていて断るに断れなくて結局は契約書にサインをするはめに...』

『強引なセールストークもキッパリと断って席を立とうとしたら肩を押さえられて“ご説明だけでも全部させてください”から始まりとにかくしつこくて帰らせてくれなくて、結局こっちが疲れちゃって契約しちゃった...』

帰らせない,強引,しつこい...これが【悪質な勧誘】です!

しかし現実には、こういった悪質な勧誘ではなく【案内】としてのセールストークにしろ断りにくかったりもするものですよね。

 

v(^_^)vと?っても簡単に上手く断る方法?v(^_^)v

 

私がエステ費用を払う訳ではないので相談してから決めますね』この一言に尽きます!20代くらいな若い方なら“お父さん,お母さん”既婚者の方なら“旦那さん”未婚者の方なら“彼氏”こんなふうに架空のお話の中で第三者を登場させることによって“ここでは答えが出ない”ということになります。そして“(第三者の方)に駄目と言われた”と言えば簡単に断ることができます☆また、この言葉の背景には“脱毛施術を受ける本人には支払い能力が無いこと”または“支払い能力はあったとしても権限がないこと”を意味します。したがってサロン側は“契約成立はこの人の推しの強さにかかっている”と考えるのでいっそう良い接客を受けることができるでしょう(笑)嘘も方便マジックですねww『自分に合った脱毛サロン(脱毛医療機関)を上手に決めて、納得のいく施術を受けることができました♪』と私の経験が皆さんの参考書となり“失敗しない脱毛”に繋がることが私がこのサイトを立ち上げた本質です。

【悪質な勧誘】に遭った場合まとめ

悪質な勧誘=帰れない,強引,しつこい→断る,帰る,相談するからと言って持ち帰るという話にする

上記で述べた【上手く断る方法】を実践しても通用しないくらいしつこい勧誘を受けた場合は『これは“監禁”に値しますので“消費者センター”か“弁護士”に相談した上で必ず一報させてもらいます!』と強気で言ってしまえば大丈夫です!!これは数々のお客様の実体験から生まれたフィニッシュブローですw今々までの強気な勧誘は何処へいったの?っていうくらいアッサリ引き下がってくれます。しかし“監禁”や“弁護士”といった言葉はハッタリにしても吐き出し難い言葉ですよねf^_^;)ワイルドカードとして控えておきましょ(^_^)v