脱毛 

脱毛と永久脱毛は違うの?

法律に基づいて技術の差でその呼び名が違ってきます。

現在の日本国内では、施術完了後に低生毛率を保つところから半年先も生毛のない状態であることを条件に“永久脱毛”と呼ばれています。認可されているのは、医療機関やクリニックでのみ使用されている高出力の“レーザー脱毛”だけなんです。

【 脱 毛 】

@ 生えている毛を減らしたり無くしたりします。

A 脱毛サロンでの脱毛は厳密には“減毛”ということになります。

【 永 久 脱 毛 】

@ 永久脱毛というワードは法律に基づいて医療機関やクリニックでのみ許可されている表現です。

A 永久脱毛といっても施術完了後に全く毛が生えてこなくなることではありません。

B 永久脱毛とは、施術完了後に毛の再生される確立が20%以下であること及びそれを保ち半年後も生毛(毛が生える)のない状態を示します。

 

永久脱毛とは、高出力のレーザー脱毛機を使用している医療機関での施術および一部の針脱毛(ニードル脱毛)での施術の事をいいます。脱毛施術の需要の増えた今、様々な脱毛方法が存在しますが、どんなに完璧な施術内容でも完全な無毛状態が永久に続くというような保障はありません。さて、お分かりになりましたか??なんだか話がややこしくて難しいですよねf^_^;)現在の日本では、脱毛施術を施行する機関全般に対してその表現方法に規制があるんです。分かり易く言うと、脱毛医療機関と脱毛サロンでは使用できる表現方法が異なるということです。

結 論


まずは何処の脱毛サロンや美容外科などで施術を受けるのか。技術能力の高い脱毛施術機関をしっかりと選んだ結果が納得のいく脱毛効果が実感できることに直結します!