脱毛 

脱毛効果を下げてしまう乾燥肌に注意

『お肌の保湿力を高めましょう!』

 

脱毛施術を受ける直前になってただ単に保湿をすることよりも、日頃からお肌自体の保湿する力を高めることにより脱毛効果に俄然差がでてくるんです。
お肌には“保湿が大切”という言葉は普段からよく耳にしますよね。もちろん美肌を保つための重要なキーワードなのですが“脱毛効果を高める”ためにも重要なんです。お肌の水分量が不足することにより、毛穴は開きやすくなり、くすみやシワを生む原因にもなってきてしまいます。


えば、ビニール袋いっぱいに水を溜めたとしましょう。ビニール袋の表面はツルンと張っていて押せばモチモチの感触ですよね。
では、そのビニール袋からお水を減らしてみましょう。お水の無くなった部分はシワシワになり押せば弾力のないフニャっとした感触ですよね。

 

これをお肌に置き換えると、ビニール袋いっぱいにお水の入った状態が、毛穴レスでシワのない透明感のある十分に保湿力のある健康なお肌といえます。

 

脱毛施術を受けた後のお肌は光による熱を帯びており、この熱によってお肌の水分が奪われてしまいます。
もう、お分かりですよね?
この時にしっかりと保湿力のある健康なお肌の人は熱によるダメージに負けることはありませんが、保湿力の弱い人はお肌の回復力も弱いため酷くダメージを受けてしまい、脱毛効果の低下にも繋がってしまうんです。

 

更には“乾燥肌”などもっての外。乾燥しているお肌は外部からの刺激に弱くとても敏感になっています。『お肌が乾燥して痒い』なんてよく聞きますよね。しっかりと保湿力のあるお肌と比べると“痒い・痛い・腫れた・ガサガサ”...いいこと無しです。。

 

くどいようですが、くどくてもいいくらいお肌にとって“保湿”はとってもとっても大切なことなんです。
先にも少し述べたように、脱毛施術を受ける直前になって保湿を意識しだしても“脱毛効果を上げる”という観点からは遅いんです。
普段からお肌自体の保湿力を上げるお手入れをしっかりしてこその脱毛効果の向上です。

 

脱毛すること前提に限らず、若いうちから保湿は心がけておきましょう!
“若いお肌は油脂の分泌がよすぎるから石鹸でよく洗ってサラサラお肌を保ちましょう”な?んて言葉を信用してはいけません。油脂分泌のバランスを保つためにだって保湿が必要なんですよっ。
実はお肌は20代を過ぎる頃から徐々に低迷期に入ってくるんです。若いうちからしっかりと保湿ケアがされていれば保湿力の安定したプルプルのお肌を保つことができます☆

 

保湿ケア=保湿力アップ=美肌=健康なお肌=脱毛効果アップ