脱毛 

ひじ下・ひじ上脱毛をするならこのサロン

【 うで脱毛講座 】

※うで脱毛に関しての詳細はランキングの下に説明していますので参考にしてください

うで脱毛          人気脱毛サロン ランキング

 

 ミュゼプラチナム  

両ワキ+Vライン脱毛完了コース 500円

回数無制限・返金システムあり!

公式ボタン

人気度 コスパ度 脱毛効果 総合評価

9

9.5

10

9.5

公式ボタン

 

ミュゼプラチナムのポイントはコレ!

通えなくなった場合、残りの回数分の金額を返金します。

※満足するまで、何度でも脱毛できます。(追加料金なし)

肌への負担を極限まで抑えた【S.S.C脱毛(スムース・スキン・コントロール)】を採用

脱毛サロンでの顧客満足度NO.1

店舗数・売上NO.1

顧客サポート評価NO.1

【 うで脱毛講座 】

☆ひじ上のムダ毛について

ひじ上脱毛はひじ下脱毛とセットで脱毛されることが多い人気の脱毛箇所です。ひじ上脱毛をすることによって露出が多くなる春〜秋シーズンまでお洋服を気にすることなく着ることができます。ひじ上の毛質では細く薄いので比較的目立ちにくいのですが、肌への密着性が高いという特製もある為、この産毛を自己処理するにはカミソリで皮膚に強く押しつける必要があります。強く押しつけたカミソリダメージでの色素沈着が起こりやすいので細心の注意が必要でしょう。肌質では二の腕と呼ばれる柔らかい肌質の部分と紫外線がよく当たる比較的に固い肌質に分かれます。この2つの異なる肌質によって肌トラブルも招きやすいことから、脱毛サロンによる脱毛をお勧めします。

☆ひじ上脱毛範囲と価格について

ひじ上と示してるようにひじ上から脱毛範囲となる訳ですが、上部に関しては肩まで入る範囲に入る場合と入らない場合があるので脱毛サロンへの要確認事項となります。また内側ではワキの毛が生えてくる部分はワキ脱毛の範囲対象となる為、ひじ上脱毛では脱毛を行うことができません。ワキ脱毛に比べ、ひじ上脱毛は広範囲となる為に料金設定もワキ脱毛に比べてやや高めの設定です。脱毛サロンではひじ下脱毛とセットで取り扱っているサロンが多いので、ひじ下脱毛をする際には合わせてひじ上脱毛を行った方が良いでしょう。

☆ひじ下のムダ毛について

冬場では長袖を着る機会が多い為露出は高くありませんが、春・夏・秋と温かい時期では露出が多くなります。ひじ下の毛質は産毛のような細く柔らかい毛質という特徴がある為、カミソリや毛抜き等の自己処理で済ましてしまう方も多いです。しかし、ひじ下は水分量も少なく、日中紫外線が当たる機会も多いのでダメージを負った肌が色素沈着を起こしたり、乾燥肌になったりとトラブルを起こしがちな部位とも言えます。また、ひじ下の表側(ひじ側)と裏側では肌質が異なり、ムダ毛は主に表側に生えています。肌質は裏側が弱く、産毛を抜こうと繰り返し自己処理をして、色素沈着を起こしてしまう方もいますので脱毛によってこれらのトラブルから守りましょう。

☆「ひじ下脱毛」の脱毛範囲と価格について

ひじ下の範囲はひじ〜手首までの範囲を指しています。脱毛範囲がワキに比べ広い為、やや価格設定はワキに比べると高めです。ひじ下は手首から先の部分(指や手の甲)は含んでいない為、注意が必要です。脱毛サロンが打ち出す期間限定のキャンペーン等では両ひじ下と同時に指・手の甲がパックとなったキャンペーンもありますので、そのようなキャンペーンを見つけた時にはお得と言えるでしょう。